小山企業ヒストリー

プロローグ

織物業で発祥し、1965年、前社長 小山利(現会長)が20歳の時に小山企業を立ち上げました。特定の業種・業態ではなく、「企業」という社名にしたのは、「どんな仕事でもできる会社になろう」という思いがあったからです。当時戸田では、東京オリンピックに向けて様々な開発が活発に進められ、国道17号新大宮バイパスや笹目橋が開通し、都心とのアクセスが飛躍的に向上しました。そこで物流拠点としての優位性に着目し、貸し倉庫からスタートしたのが始まりです。

会長 小山利からのご挨拶

倉庫業は地元を育て、地場産業をつくることとイコールだ。

織物業から発祥し、1965年の20歳の時に小山企業を立ち上げました。特定の業種・業態ではなく、「企業」という社名にしたのは「どんな仕事でも出来る会社になろう」という思いからです。当時の戸田では、東京オリンピックに向けて様々な開発が活発に進められ、国道17号新大宮バイパスや笹目橋が開通。都心とのアクセスの飛躍的な向上で、物流拠点としての優位性に着目し、貸倉庫からスタートしました。
1976年に営業倉庫をスタートし、荷主様のニーズに応えるべく、運送、流通加工と業務を拡大していきました。私にとって倉庫業とは「地元を育てる、地場産業をつくることとイコールです。」

創業以来半世紀、当社のこれまでの歴史は、年表に刻まれた一つ一つの出来事の積み重ねの上に成り立っています。多くの皆様に支えられ、事業を存続出来ているのは非常に幸運であったと感じ入っております。これからも皆様への感謝の気持ちを原動力に、従業員の知恵を結集し、新しい50年に向けて進んでまいります。

今後ともなお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

会長 小山利

沿革






  • 昭和40年  8月 現会社設立。代表取締役に小山利就任。
  •   40年  9月 本社サービスセンター(1,485m2)開設。
  •   42年  6月 重量鉄骨造倉庫(1,523m2)を建築し、賃貸を開始。
  •   43年 10月 重量鉄骨造倉庫(1,455m2)を建築し、賃貸倉庫を開始。
  •   44年 12月 重量鉄骨造倉庫(2,838m2)を建築し、賃貸倉庫を開始。
  •   51年  3月 倉庫業法による営業倉庫認可取得。
  •   55年 10月 小玉サービスセンター(1,452m2)を開設。
  •   56年 12月 本社サービスセンター1号倉庫重量鉄骨造2階建(2,191m2)を改築。
  •   57年 10月 コンピューターによる在庫管理システムを開始。
  •   58年 11月 サービスセンター間との、オンラインシステムを開始。
  •   59年  9月 自動車運送取扱事業登録。
  •   60年 10月 越谷サービスセンター開設。鉄骨造2階建(2,387m2)。
  •   60年 12月 静岡県伊東市伊豆高原に大海磯料理店「萬望亭」をオープン。
  •   61年  3月 新本社ビル落成。鉄骨造1部鉄筋コンクリート造。地下1階、地上3階建(409m2)。
  •   62年  7月 越谷サービスセンターに、鉄骨造2階建倉庫(2,590m2)を増設。
  • 平成 元年  8月 越谷サービスセンターに、5階建(4,500m2)の新倉庫を増設。
  •    3年  3月 本社サービスセンターに、鉄骨造2階建倉庫(1,800m2)を増設。
  •    5年  4月 草加サービスセンター開設(14,862m2)。
  •    6年  2月 輸配送部門として、(株)ルートケーツー設立。運送事業スタート。
  •   11年  4月 越谷第2サービスセンター開設(6,900m2)。
  •   12年  4月 新曽南サービスセンター開設(2,937m2)。
  •   13年  4月 戸田流通加工センター開設(2,818m2)。
  •   14年  8月 新サービス、ワンデーサービスを開始。
  •   20年  4月 お客様への更なるサービス向上の為、プライバシーマーク取得申請。
  •   20年 11月 プライバシーマーク認定取得「第17000099(01)号」
  •   21年  7月 代表取締役に小山嘉一郎就任。
  •   22年  2月 埼玉総合物流センター開設(13,734m2)
  •   23年 12月 NPO法人 日本動産鑑定へ賛助会員加盟。
  •   24年  2月 輸配送システム導入、運用スタート
  •   24年  5月 和光サービスセンター開設(7,881m2)
  •   25年 10月 草加第3センター開設(12,358m2)
  •   25年 12月 越谷サービスセンター開設(9,580m2)
  •   27年  9月 埼玉総合物流センター1Fトランスファーセンター開設(14,553m2)
  •   28年  8月 本社及び埼玉総合物流センター3Fディストリビューションセンター ISO9001認定取得

物流拠点

埼玉県南部・東部に数多くの営業倉庫・貸倉庫を保有しております。首都圏や関東圏の配送拠点として、大変良い立地条件となっております。

営業倉庫

ケース、ピース、パレット等、どんな形態の商品でもお預かり致します。また、保管サイクルは、1日単位から、1ヶ月単位と幅広く取り扱っております。

不動産賃貸

倉庫賃貸として、数多くの物件を管理しています。倉庫以外にも、事務所・店舗・作業場等の物件も取り扱っております。

輸配送

配車センターによる一括配車システムを使用しており、空車両を利用した、リードタイムの短縮とコスト削減を図っております。

情報管理システム

お客様の商品特性に合わせて、管理システムを変更しています。商品の在庫状況や入出庫状況等の商品動向情報を、お客様へ提供致します。

流通加工

流通加工センター基点として、全センターでの対応が可能です。在庫の管理から発送まで、全ての流れを一貫しておこなっております。