社員紹介

社員紹介

小山企業で活躍するオリジナリティー溢れる先輩達をご紹介します。
小山企業で働く人々は、仕事にかける情熱、熱意、プライドを持って働いています。

社員インタビュー

物流事業部 埼玉総合物流センター/越谷サービスセンター
センター長 木下 篤志(アルバイト3年→社員8年目)

現在、2つのセンターの責任者として荷役(入庫・出庫)と保管の効率化やトラブル対応、新規スポット案件の試算などを行っております。また、利益を出す為の仕事の組み立てを常に考えています。
入社当初はアルバイトとしてピッキング作業から覚え、フォークリフトの免許を取得し、荷上げなどの仕事をしながら、倉庫内での様々な経験を積んできました。その後、倉庫内での実務の経験を評価され、事務職として2年ほど倉庫や物流を勉強し、今は責任者として更にやり甲斐のある仕事を任せて頂けることになりました。
やる気があれば、学歴や年齢に関係なく認めてくれ、上に引っ張ってくれる上司や役員の存在はとても大きく、そういった意味では力の出し甲斐のある会社です。
また、会社全体が、がむしゃらに前に向かって走っている勢いのある会社なので、私自身も更に会社へ貢献していきたいと思っています。

物流事業部 白畑 紗希子(社員4年目)

埼玉総合物流センターでお客様からお荷物(商品)をお預かりし、商品の管理と出荷をしております。限られたスペースの中で出荷物をどういう風に詰め込んだら最大限に詰め込めるか、どのようにしたら出荷作業が効率よく運べるかを常に考えて、自分が計画したものが実際に上手くできた時がこの仕事の喜びです。
また、倉庫数が多い中でも、各倉庫間に隔たりがなく、情報交換や連携が取れやすいことも、仕事がとてもやりやすい大きな魅力です。
倉庫作業と言うと、男性の仕事と思われがちですが、体を動かすだけでなく、想像力や計画性、女性ならではの丁寧さや細やかな気遣いが、お客様にとっても嬉しいサービスに繋がっていると思います。
そういった意味では、倉庫内でも女性が活躍できる場は、今後更に大きくなっていくのではないでしょうか。また、飲み会などが楽しいアットホームな会社なので、女子会なども頻繁に開催しています。

物流事業部 埼玉総合物流センター キャプテン 小早川 賢志(社員9年目)

埼玉総合物流センターで、大手印刷業者様の商品を始め、様々なお得意様の在庫管理やフォークリフトでの作業をしております。また、商品が比較的早く移動する倉庫を担当しているため、いかに作業効率が高まるかを臨機応変に考えながら倉庫全体のレイアウトや作業員への指示を行っています。
ですから自分が理想としている商品をレイアウトできた時の喜びがやり甲斐に繋がっています。
現在働いている埼玉総合物流センター設立と同時に、商品管理一筋にやってきましたのでこの倉庫での管理は誰にも負けませんし、今後も商品管理のエキスパートとして頑張っていきたいと思っています。
また、若い人が多い活気のある現場なので、スピードとチームワークの良さで、どんな状況にも対応できるのが、この倉庫の強みであり、小山企業の良さでもあると思います。

物流事業部 本社サービスセンター チーフ 上野 大輔
(アルバイト1年→契約社員1年半→社員4年目)

本社サービスセンターで現場の責任者としてお客様からお預かりした商品管理とフォークリフトの作業をしております。
本社サービスセンターは、好立地の為、荷主様の数が他のセンターよりも多く、日々の情報収集が欠かせません。物流は、一人では成り立ちません。荷主様、運送業者の方、事務方、現場が一体となって一つのことを成し遂げていく。これが物流の醍醐味だと実感しています。
小山企業は、お客様の要望はすべてやるべしという考え方が浸透しているので、現場は大変な部分もありますがとてもやりがいがあります。
本社サービスセンターの現場責任者になる前は、和光サービスセンターの立上げを経験しました。新しいセンターを開設するってとてもワクワクします。
小山企業は、若い人に沢山のチャンスを与えてくれます。そのチャンスを活かせるかどうかは自分自身の問題ではありますが先輩や上司のサポートも心強いです。小山企業の上野に任せたら大丈夫と言われるようにこれからも頑張ります。

本社管理部 システム 大野 博史(社員2年目)

現在、本社管理部でシステムを担当しております。入社前から生活に密着した物流に興味を持っていました。早く物流システムで 自分の力を発揮したいと思い入社しました。まずは、「現場を知ること」 9か月間物流現場で先輩方のOJTを受けたことが今の管理部システムで活きていると思います。現在の物流システムに求められるもの。
それは物流全体をトータルで捉え最適化して行く為の統合システムです。会社全体を通じて営業部門、経理部門、経営層など部門ごとに情報を分断させず、また取引先や外部委託会社を含め社内外を問わず、データや情報を物流システムとして共通基盤の上で共有・統合化する構築を是非してみたいと思っています。
小山企業は、50年以上の歴史ある会社ですが若い人にチャンスを与えてくれます。これからも物流システムのスペシャリストになるよう日々精進していきます。

物流事業部 草加サービスセンター チーフ 田中 裕和(契約社員1年→社員2年目)

草加サービスセンターで、お客様からお預かりしたお荷物(商品)の在庫管理や店舗専用倉庫の入荷チェックをメインにチームリーダーとして商品の入荷に合わせたデータ処理なども行っています。
このセンターでは、自分達が中心となって仕事を組み立てることができるので、それが責任感となり、とてもやり甲斐のある職場です。
また、約60人のアルバイトの方達に指示を出しながら、連携した作業をするので、一つの作業でも滞ると全体に影響を及ぼすので、そういったチームワークの調整や難しさが仕事の楽しさに繋がっているように思います。
私自身も契約社員から正社員になったように、アルバイトから正社員になる人も多いのは、失敗してもそれを糧に次にチャレンジさせてくれる先輩や上司の存在がとても有難く非常に働きやすい環境だからです。

物流拠点

埼玉県南部・東部に数多くの営業倉庫・貸倉庫を保有しております。首都圏や関東圏の配送拠点として、大変良い立地条件となっております。

営業倉庫

ケース、ピース、パレット等、どんな形態の商品でもお預かり致します。また、保管サイクルは、1日単位から、1ヶ月単位と幅広く取り扱っております。

不動産賃貸

倉庫賃貸として、数多くの物件を管理しています。倉庫以外にも、事務所・店舗・作業場等の物件も取り扱っております。

輸配送

配車センターによる一括配車システムを使用しており、空車両を利用した、リードタイムの短縮とコスト削減を図っております。

情報管理システム

お客様の商品特性に合わせて、管理システムを変更しています。商品の在庫状況や入出庫状況等の商品動向情報を、お客様へ提供致します。

流通加工

流通加工センター基点として、全センターでの対応が可能です。在庫の管理から発送まで、全ての流れを一貫しておこなっております。